factio

キノモノ コモノ タノシク ツクロウ ユカイニ クラソウ

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

たけのこたけのこ 

 

久しぶりに、たけのこ狩りに行ってきました。

A1697.jpg
今年は例年より早いうえに裏年ということで多くはありませんが、それでも20本近く収穫できました。
これからしばらくは、たけのこ三昧。

A1698.jpg
木曽のたけのこは柔らかく灰汁も少ないので、少々大きくても美味しくいただけます。

女衆は、セリやワラビを収穫。
A1699.jpg

A1700.jpg
自然の恵みは、大吟醸のつまみに最高です!
スポンサーサイト

category: 木曽の家

tb: 0   cm: 0

△top

木曽にて 

 

GW、南木曽に行ってきました。

A1308.jpg

6月だと葉っぱがいっぱいの朴の木ですが、今頃はようやく春を迎えたぐらい。

A1309.jpg

タケノコもとってきましたが、

A1313.jpg

自然の恵み

A1310.jpg

山椒の木も伐採してきました。

A1311.jpg


A1312.jpg

いつからか覚えていませんが、こーゆう環境、好きです。
単なるすりこぎも、こーゆう環境からできるんですよ。

category: 木曽の家

tb: 0   cm: 1

△top

たけの親狩り 

 

9連休という長いGW休暇も終わりました。
このGW、クラフト仲間は近郊の街で開催されたクラフト展に出店していましたが、
わたくしは恒例のわらしべ長者イベント、木曽でのたけのこ狩りへ。
この季節は、クラフト展よりも、たけのこです!

ところが――
今年は季節が遅れているせいか、それとも裏年だからかわかりませんが、
自宅で食べる分ほどしか出ていませんでした。

A1043.jpg

一生懸命探して、大小合わせて19個。
ですので、妻籠宿内での売りさばきは、今年は中止。
たくさん取れるのも困りものですが、取れないのも、ちと寂しいですな。

昨年の秋は、山の中にもよっぽど食べるもんがなかったようです。
木曽の家の周りには獣が出没した形跡がいっぱいありました。
イノシシが食べ物探して荒らした跡だとか

A1044.jpg

コレ、なんだかわかります?

A1045.jpg

クマ棚だそうです。
木によじ登った熊が実を食べるのに枝ごと折り、その枝を尻の下に敷いていくので、このように棚状に溜まっていくのだとか。
家の脇にある栗林には、このクマ棚が数箇所ありました。
そして、家の裏手では目を疑うような光景がっ!

A1046.jpg

あるはずのプロパンガスのボンベがありませんけど?
ガスは少しだけ残っていたはずですが、ガス業者が出没し、ボンベを回収していったようです。
獣も恐いですが、ガスオヤジも恐いですね。

たけのこはたいして取れなかったので、その腹いせに、親狩りへ。
ほったらかし梅の木が破竹で見えない有様でしたので、

A1047.jpg

100本以上、切り倒し、

A1048.jpg


A1049.jpg

破竹を駆除してあげました。
その作業たるもの、手入れの度を超し、むしろ開拓と言ったほうが合っている気がします。

A1050.jpg

というわけで、今年は、たけの親狩りに勤しんだGWでした。

category: 木曽の家

tb: 0   cm: 0

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。