factio

キノモノ コモノ タノシク ツクロウ ユカイニ クラソウ

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

集塵機 

 

小箱のヒンジや留め具を昇降盤で作るのはかなり恐い作業。
なんせ、大型マシンで小さな材料を切ったりするわけですから、
材料をしっかり持っていないとふっとばされますし、
下手すりゃ指チョッキンという大事故にもつながります。
こんなときこそ、自宅のスーパーサーキュラーソー君を使えばラクラクなんですが、
集塵機もどきの掃除機が壊れてしまったので室内で使うわけにもいきません。
だから、サーキュラーソー君にはしばらくお休みいただいていたんですが、
このたび、
清水の舞台から飛び降りたつもりで、集塵機を買いました。

A0513.jpg


ここで、一句。
小遣いで集塵機買ったところで、楽しくもなく 嬉しくもない

EARTH MAN製のものがこれより安かったんですが、
ちゃちな作りに見えたので、リョービ製を選んでみました。
それに、音が静かだと書いてあったし……

でっ、どれくらい静かなのか、せめてもの楽しみにスイッチ入れたんですけどね、
残念ながら、ぜんぜん静かじゃありませんでした。
だからやっぱり、
小遣いで集塵機買ったところで、楽しくもなく 嬉しくもない
心境です。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ
スポンサーサイト

category: 道具

tb: 0   cm: 0

△top

壊れてしまった集塵機もどき 

 

自宅で使用しているスーパーサーキュラーソー(ミニ卓上丸ノコテーブル)で、
手作りヒンジのストックでも作っておこうと作業を始めたところ、
接続してある集塵機、
あっ、集塵機っていうのは、リサイクル屋で買ってきた一般の掃除機ですけど、
働いているふりの音だけで、切り屑をまったく吸いこみません。
壊れてしまったのか? 

電化製品がこういう状態になると、わたくしは、
直すことなどできないくせに、つい分解してしまいます。
車が故障すると原因の特定などまったくできないのに、
とりあえずボンネットを開けてみるのと同じです。
そして、分解したはいいが、元に戻せなくなり、ネジなどが余ってしまうことが
お決まりのパターン。

今回の掃除機も同じ。
カバーが閉まらなくなってしまいました。
やり場のない怒り……
結局、ヒンジのストックづくりはできず、
仕方なく、細材の先端を削って、ボンドヘラ。

A0499.jpg


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ

category: 道具

tb: 0   cm: 2

△top

初めて見るグリグリ 

 

思い出箱の底板用の桟をネジ止めするために下穴を開けようとしたところ、
Trunk先生がこんな道具を貸しくれました。

A0450.jpg

先っぽが菊の紋章というか、ドリルミサイルのような形状になっています。
わたくしは初めて見る道具だったので、使い方を知って、ちょこっと感動しました。
それでは、この道具の正体をご存知ない方のために、使い方をご説明しましょう!

まずは、ドリルで下穴を開け、

A0451.jpg

次に、さっきの菊の紋章部分を穴に押し当ててグリグリすると、

A0452.jpg

ネジの頭がすっぽり入るテーパーのできあがり。

A0453.jpg


A0455.jpg

シンプルでありながら、なんと便利な道具だこと。

A0454.jpg


ほしいな~。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 遊び心へ

category: 道具

tb: 0   cm: 2

△top

さよなら、電動彫刻刀 

 

以前、わが家の電動彫刻刀が逝って、逝ってしまった~♪と書きましたが、
先週末ようやく、メーカーのサービス所に直接持ち込み、修理を依頼。
翌日、見積を聞いて、そのまま持ち帰ってきました。

A0440.jpg

打撃しなくなった原因は、刀を動かすシャフトの奥に、シャフトを前後させるボールのようなものがあるらしく、それが逝かれてしまっているということで、シャフト部の交換が必要だそうです。
しかも今回は特別に、
モーターから白い煙(降参の印?)も出てしまったということで、モーター交換もプラス。
しめて修理費総額、6,993え~ん(申し訳なさそうに読んでね)。

ネットで新品が買えるお値段でした。
ゴミを増やさないという環境のことを考えれば修理したいところですが、
地球さん、ごめんなさい。
今回は、エコより費用を優先させていただきます。

数えて5回ほどしか使ったことのない、まだまだ新しい工具ですが、
ビシバシと休憩すら与えず、こき使い過ぎてしまったようです。
みなさまにおかれましては、いらぬ出費がないように、
連続使用時間をしっかり守り、こき使い過ぎないようにいたしましょう!

さよなら、電動彫刻刀くん。(グスン)

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 遊び心へ

category: 道具

tb: 0   cm: 2

△top

ちかれた、ちかれた 

 

電動彫刻刀はイッてイッてしまったようです。
買ってから1年以上は経ちますが、お皿を作ったときに使ったぐらい。
それなのに、もう旅立ってしまうとは……
負荷のかけすぎか?
使う側が軟弱ならば、使われる側も軟弱で、困りますね。
そのうち修理に出すことにします。

でっ、その後なんですが、
手工具での作業に切り替えて、匙面の形を整えながら削り跡を滑らかにし、
スプーンの形に切り出して――

今現在、
とりあえず1本ですが、毎晩寝る前に少しずつ削っています。
今日はこのあと、古畑さんでも見ながら削るとするか!

今日もちかれたな~。
ああ、ちかれたび~。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 遊び心へ

category: 道具

tb: 0   cm: 3

△top

スーパーサーキュラーソーを使ってみて 

 

わたくしが愛用しているプロクソンの卓上テーブルソーは、正式名を「スーパーサーキュラーソー」と言います。
ホビー用ですので、厚いものは切れません。
それはそれで仕方がないのですが、
昨今、それとは別な点で、ちょいと不満・イライラが募っております。

たとえば、ちょっと幅広な板材になると、直角に横切りすることがむずかしくなる点。
10センチ幅までなら問題ありませんが、
それ以上幅広になると、板材をスライドさせるためのマイターゲージがガイド溝からはみ出してしまいます。
そのため、切り出しの際、刃に対する板材の垂直スライドが不安定となり、
結果、直角に切れないことが往々にしてあります。

あと、刃の角度調整がちょっと厄介な点。
スコヤを使って見た目直角に刃を固定しても、若干ずれているため、この微調整がむずかしく、いつも手を焼きます。
テーブルに定規を当てると中央部にスキマが若干あるため、テーブルの精度に問題があるようです。
元々、ホビー用であることを承知で買ったわけですので、まぁ、仕方がないと言ったところでしょうか。

一方で、小型の装置だけに、音は静かですし、
小物を切る分には、とっても便利なお手軽装置です。

そこで、即席ではありますが、
不満・イライラを解消するために、スライドテーブルを作ってみました!
スライドがスムースではありませんが、まあまあいけそうです。

A0109.jpg


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ

category: 道具

thread: 木工 - janre: 趣味・実用

tb: 0   cm: 0

△top

集塵機のプレゼント 

 

室内での木工作業には、集塵機が不可欠という雑誌記事を読みました。
いまのところ、オヤジの間で木屑が舞うような作業をする予定はありませんが、いずれはあったほうがいいでしょう。
そういえば、以前、たびたび登場する職場のH氏が、会社で使っていた集塵機の譲り手を探していたなぁ。
そこで、集塵機なら木工用だろうが何用だろうが同じだろうと、話もろくに聞かず、その集塵機をいただくことにしました。

A0031.jpg

想像していたものとまったく違ったので、これを見たときは、かなりビックリ。
そして、むちゃくちゃ重い。
ところで、このハンドルってなに?

A0032.jpg

集めた木屑はどこに溜まるの?
あっ、ここのようです。

A0033.jpg

この引き出し内に溜まるようです。

そんでもって、吸引力を確認したら、もっとビックリ。
シューと音はするけど、削り屑はちっとも吸ってもらえませんでした。
ツンツンと、削り屑を突ついてみましたが、やっぱり、吸ってもらえません。
どうやら、吸引力はとても弱いようです。
さて、どうやって活用しましょうか。

◆◇2006年5月のできごと◇◆

category: 道具

thread: 木工 - janre: 趣味・実用

tb: 0   cm: 0

△top

ディスクグラインダーのプレゼント 

 

以前に電動サンダーをくれた職場のH氏が、『捨てられる運命(さだめ)のグラインダーがあるけど、いる?』とのことで、授かったのがコレ。

A0023.jpg

これもまた、何かのときに役立つ? かと思い、いただくことにしました。
オヤジの間は、廃品の再雇用先か、それとも天下り先か?

ところで、このグラインダーは、非常に怪しい代物でして、
なぜかと言うと、
製品銘版をよく見てください。

A0024.jpg

メーカー名は、「MITACHI」。
マークは、どこかで見たような気がするデザイン。
「TOKYO JAPAN」となってますけど、
こんなメーカーがあったのでしょうか。
「HITACHI」の模造品か?

◆◇2005年12月のできごと◇◆

category: 道具

thread: 木工 - janre: 趣味・実用

tb: 0   cm: 0

△top

卓上テーブルソー 

 

今現在、わたくしの“ものつくり”は、主に卓上テーブルソーを使っての作業。
大きなものや厚みのあるものは切断できませんが、ちょっとした小物作りには便利です。
今回は、その卓上テーブルソーを購入したときのお話です。

木工雑誌に、デスクでできるクラフトという記事で紹介されていて、そこで使われていたのが、
プロクソンの卓上テーブルソーでした。
ブレード取付け用のワッシャーを替えれば、2~5mmの溝切りもできます。
集塵機として掃除機を接続できますので、木屑も心配する必要もありません。
回転速度も調整できます。
もちろん、ガイドフェンスやマイターゲージ付き。
これであれば、オヤジの間でも小物づくりができるぞぉー!
っていうわけで、
わが家の財務省に許しを得て、このテーブルソーと、中古の掃除機を購入しました。

A0026.jpg

納品後、さっそく、音を確認するために試運転。
ブ~ン。
音は予想以上に静かでした。むしろ、うるさいのは、掃除機のゴォーという吸引音の方です。
この程度の音だったら、平日、仕事から帰ってきてから作業しても、近所迷惑になりそうもありません。
う~ん、買ってよかった! 満足、満足。
なに作っろかなぁ~、う~ん、楽しみ。

数日後、実際に使ってみることにしました。
まずはご主人にテープカットしていただきましょう! ってなカンジで、試し切りのセレモニー。
ノコ歯の高さヨーシ! 角度ヨーシ! ガイドフェンス準備ヨーシ!
慣れない作業なので、安全第一。指差し確認にも気合が入ります。
スイッチオーン!
捨て材をフェンスに押し当てながら、ビビリながらの作業です。
ゆっくりと切り進めました。
そして、まもなく切り終わろうとした瞬間、
ビューン、パシーン(材が壁に当たった音)
目にもとまらぬ速さで、なにやら後へすっ飛んでいったけど?

えっ、今のなに?
なにが起きたの?
木が飛んでいった!?

こっ、こわぁ~!!!

あまりの衝撃に、セレモニーは即刻中止。
恐怖のあまり、しばらくの間、この装置を使うことができませんでした。

◆◇2005年12月のできごと◇◆

category: 道具

thread: 木工 - janre: 趣味・実用

tb: 0   cm: 0

△top

電動サンダーのプレゼント 

 

木工教室に通い始めたことを職場で話したところ、木工好きのH氏が、使っていない電動サンダーをくれるとのこと。
そのサンダーとは、壊れて捨てられていたものを拾い、修理したものだそうです。
何かのときに役立つこともあろうかと、いただくことにしました。

A0013.jpg

デカくて、むちゃくちゃ重いです。
ホームセンターでこんなごっついサンダー見たことないけど。

ホントに動くの?
ブルブルブル……
動きました。

◆◇2004年7月のできごと◇◆

category: 道具

thread: 木工 - janre: 趣味・実用

tb: 0   cm: 2

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。