factio

キノモノ コモノ タノシク ツクロウ ユカイニ クラソウ

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

ロッドスタンド 

 

ブログをぜんぜん更新しないので、もしや?とご心配していただいている方、ご安心ください!
生きてますから。
そして、作ってましたから。

でっ、久々に披露するのが、コチラ。

A1864.jpg

A1865.jpg

ロッドスタンドです。
シューズラックを製作したときのタモ材があまっていたので、それを使って作ってみました。
もちろん、自宅用です。
材料がいいものだけにDIYっぽい作品にならないよう、ホゾ組みで家具っぽく作ってみましたが、どうでしょうか?

ただ、よく考えずに作ったので、改良点が2点ほど。
左右に延びる貫は、ロッドによってはリールが当たってしまう可能性があるので、もっと下に設けるべきでしたね。
あと、ロッドをもう少し寝かせられるようにしたほうが良かったみたいです。

さあ、桜も散り始め、新緑の季節へと向かいます。
今年は、ロッドがこのスタンドにず~と並んでいないように、お出掛けしたいと思います。
スポンサーサイト

category: 木のもの木もの集

tb: 0   cm: 2

△top

2016年の新作披露! 

 

3年前に考えたものを、ようやく作ってみました。

A1788.jpg

いつものように木を貼りあわせて削っただけですが、形が特徴的。
小鳥みたいでしょ?
そう、色材が羽になるように削って、小鳥の形にしました。
ちょっとずんぐりしているところが、ハイジに出てくるピッチーのようです。

さて、これは何に使うものかわかりますか?
まず、当たらないでしょう。
ヒント! 穴にガラスを差し込みます。

A1789.jpg

一輪挿し?
そーゆう使い方もできますが、本来の使い方は一輪挿しではありません。
由緒正しい使い方としては、これを立てるためのものです。

A1790.jpg

歯間ブラシ立て
L字型の歯間ブラシを立てれば、まるで、鶴か、白鳥か、ダチョウのフォルム?

歯間ブラシの置き場に困って何か立てておけるものがないかと考えたところ、L字型の歯間ブラシが鶴首のように見えたので、このフォルムに至りました。
作品名は、「ブラシドリ」といいます。

これが売り上げにつながるかどうかはさておき、個人的には、目の付け所、発想が、なんともFACTIOらしい作品だと自負しております。
食器に使用できるウレタン塗料で仕上げてありますので、水に濡れても浸み込むことはありません。
歯槽膿漏の予防に、ぜひとも、洗面所でお飼いください。
エサ代不要! あなたの歯垢で育ちます!

category: 木のもの木もの集

tb: 0   cm: 2

△top

お好きなもの立て 

 

2、3本ぐらいしか立てられないペン立てを作りました。
木工技法を駆使したものではなく、φ35~40mm×約70mmの深さの穴をつぎはぎブロックに開けて削った、安易な作品。
安易な作品ですが、完成までにはけっこう時間を要します。

A1787.jpg
例によって、カタチは不均等。
穴を空けただけでは夏休みの宿題レベルになってしまうので、脚部に変化をつけてあります。
ここが、ミソだね。
基本的にはペン立てですが、ペンに限らず、たとえば果物フォークみたいなものも立てられます。
なので、「お好きなもの立て」と命名しました。

category: 木のもの木もの集

tb: 0   cm: 0

△top

作ってますとも その1 

 

今年はこまめに更新しようと思っていたのに、ネタとなるような作品づくりをしていないので書くことがなく、あれよあれよという間に3ヶ月も未更新となってしまいました。
すみません。

お正月からず~と、この先10年分ぐらいの粉すくいを作り続けておりまして、
電動サンダーで荒削りした後、
1本1本、小刀で柄を削って形を整え、
サンドペーパーの120番で削り跡の凹凸をなくして、丸みがある柄のフォルムを作り出し、
ツルツルとした触り心地になるように、水拭きしながら、サンドペーパーの番手を240番、400番、600番、800番に上げて、ひたすら磨いております。
こういった地味な作業をしているからこそ、手づくり感のある温かい作品に仕上がるわけで、
まだ見ぬ貴方のために、飽きずに作業させていただいております。
あっ、ウソをついてしまいました。
表面には出さないものの、心の中では、すっかり飽きています。

なので、リフレッシュのために、ひとまず、磨き終わった4年分ほどをオイルを塗って完成させました。
今回は、褐色の中の縞模様が特徴的な、山桜バージョン。
濡れ色を見ると、満足感に浸れ、気分も上々です!

A1774.jpg

category: 木のもの木もの集

tb: 0   cm: 0

△top

貯銭箱 

 

一般庶民は高額宝くじが当たらない限り、大金持ちにはなれません。
でも、小銭持ちなら、なれる可能性があります。
どうぞ、小銭持ちになるために、ご活用ください。

A1765.jpg
四方転びの小箱のように見えますが、振り込め詐欺同様、だまされてはいけません。
実際には、小箱を台形に削っただけの、なんちゃって四方転びです。
しかも、転び角度は、だいたい。
ありがちに作ったものなんですが、あまりにも形が単調でダサかったので、削ってしまいました。
箱作りは寸法どおり正確に作ることが重要ですので、サンダー作業は封印したのですが、我慢できずにやっちゃいました。
底には、定番のゴム栓がありますので、貯札箱と違って取り出すことができます。
使いすぎると、小銭持ちにすらなれませんので、ご注意ください。

東京都では落し物として届けられた昨年の現金が33億円を超したっていう記事を見ました。
都内には現金がウハウハ落ちているようですね。
札を拾えばそれは警察に届けるのがモラルですが、10円玉や100円玉はどうします?
塵も積もれば山となる。
あなたが落としたじゃら銭は、拾ったわたしのお小遣い!
貯銭箱が1本では足りないという方のために、

A1766.jpg
タモ、ナラ、西南樺、全部で7本ご用意しました。
さぁ、がっちり拾いましょう!

category: 木のもの木もの集

tb: 0   cm: 0

△top

つぎはぎお花挿し 小さいタイプ 

 

クラフト展では、「あらっ、かわいい!」というお客様に、「でも、お値段はかわいくないんですよ」とお応えし、「あっ、ほんとだわ(笑)」っていう会話を楽しんでいます。
少し、お値段をかわいくするために、手間を少し省くとともに、小さいタイプを製作してみました。
「こちらのタイプは、少しかわいいお値段ですよ」と、お奨めすることにしましょう。

A1764.jpg

category: 木のもの木もの集

tb: 0   cm: 0

△top

貯札箱Ⅱ 

 

『こんなの初めて見た!』『目の付け所がおもしろい!』と、クラフト展で注目される貯札箱。
お札のサイズに合わせて作った単なる箱ですが、おかげさまで、お褒めのお言葉を多々いただいております。
ただ、『入れるお札自体がない!』と言われる方がほとんどで、滅多に売れるものではありません。

とは言うものの、ポツッ、ポツッ、ポツッと、お買い上げいただいています。
購入される方は、圧倒的に男性の方が多いですね。
貯めたお札を古女房に取り上げられないようご用心いただきたいと、切に願っております。

さて、その貯札箱も、ついに在庫切れ。
なので、まだ見ぬ貯札箱愛好者に出会えるように、4つほど作りました。

A1762.jpg
ちょっと変わった木目の貯札箱です。
ニューギニアウォールナットを使ってみました。
ニューギニアウォールナットは、ウォールナットと言っても北米材のウォールナットとは何ら関係ないのだそうです。
ウォールナットがクルミ科に対し、ニューギニアウォールナットはウルシ科。
つまり、ウォールナットとは言っても胡桃じゃありません。
インドネシア、マレーシア、パプアニューギニアなどの東南アジアを産地としている樹木のようです。

こういう珍しい材料を使えば、単なる箱も、かっちょ良くなりますね。
あっ、中身は入っていませんから。

category: 木のもの木もの集

tb: 0   cm: 3

△top

BON-PLATE 

 

またもや、FACTIOには似合わない正統派の作品を作ってしまいました。

A1760.jpg
和菓子、洋菓子、載せられます。
菓子パン、おかずパン、載せられます。
おにぎり、載せられます。
おちょことトックリも、載せられます。

A1761.jpg

あと、小物も、飾れます。

食品衛生法をクリアしたウレタン塗料を塗った後、蜜蝋ワックスで仕上げてあります。
お盆というべきか、プレートというべきか、どちらがふさわしいのかわからないので、
BON-PLATE
と名づけました。

category: 木のもの木もの集

tb: 0   cm: 0

△top

三代目忘れな盆 

 

今年は梅雨入りあたりから製作意欲がすっかりペースダウンしちゃっておりまして、のらりくらりと作業を進めています。

今回は、正統派のノーマルな作品。

A1754.jpg
上着やズボンのポケットから出した財布とかケータイ、外した腕時計とかが行方不明にならないようにまとめておくためのトレイ、その名を、忘れな盆。
タモとエンジュを組み合わせた、ちょっと渋めのトレイです。
初代、二代目は長方形でしたが、三代目は正方形にしてみました。
正方形にした理由は、外したメガネを置くメガネトレイとしても活用できるようにと思ってのことです。

category: 木のもの木もの集

tb: 0   cm: 0

△top

いらっしゃい いらっしゃい! 

 

うすうす気づいてます。
こんなもの、たいして売れないってこと。
言われなくても、知ってますとも。
だけど、
目の付けところは、FACTIOらしく、
売れそうもないところも、FACTIOらしく。

でも、結束イカを見た人の反応が気になる……
それを確かめるため、完成ほやほや、まさに新物をヘムスロイドに出品してみました。

A1716.jpg
魚屋ふうにして。
もちろん、価格表示も、マジックで「新物 岐阜産 結束イカ 一杯**円」と板に書いて、ザル脇においておきました。

その結果――
知り合いの出展者や来場者から、「発想がおもしろい!」「目の付け所がいい!」と賞賛のお言葉を多々いただくことができました。
オリジナルアイデアが認められて、よかった、よかった。
賞賛と売上が一致しないところは、やっぱり予想どおりでしたが、イカだけにタコ(ゼロ)ではなく、1杯だけ、お買い上げいただけました。
今、結束イカを持っているのは、世界であのご夫婦だけです。

category: 木のもの木もの集

tb: 0   cm: 0

△top

岐阜産 結束イカ 

 

今年の新物第1号は、イカ型のコードホルダー 作品目は「結束イカ」。
コードを折りたたんでリングに通せば、それで十分束ねることができたわけですが、単なるリングでは安易すぎということで、コードをゲソに見立てることを思いつき、イカ型ホルダーにしちゃいました。
形的には、スルメイカです。
海のない岐阜県産です。

コードをゲソっぽく束ねたら、イカの胴体に突っ込んで合体させるだけ。
束ねたコードが穴の中で広がるので、抜け落ちません。
いたって、原始的。

ひとまず、栃(白太/赤身)、栗の3種類をご用意させていただきました。

A1715.jpg
杢があると、イカの柄みたいで、けっこうおもしろい。
ただ、なんとなく、違う使い道があるようなないような・・・・・・

まっ、世界のイカ漁獲量の半分は日本人の胃袋の中ってほど、日本人は大のイカ好きだっていうので、この作品も爆発的に人気になること間違いなし!
少なくとも、イカ釣り漁船の漁師のあいだでは、トレンド品になることでしょう。

category: 木のもの木もの集

tb: 0   cm: 0

△top

2015年の新物 

 

IT機器を購入するたびに、こういったコード類がどんどん増えていませんか?

A1713.jpg
携帯用、スマホ用、カメラ用、ビデオ用……
使い終わったら、買ったときと同じようにビニールタイ(針金入りのビニール紐)で束ねておけばいいのに、面倒くさくて、ついついそのままにしちゃったり。
でっ、どうなるかというと、
コードがだらしなく放置され、いざ束ねようと思ったときにはビニールタイが行方不明だったり、ときには、コード自体が行方不明、そーいった経験ございませんか?

そこで、FACTIO流に、こうした充電コードなどをまとめるコードホルダーなるものを作ってみました。
ただ、残念なことに、わたくしは、
素晴らしい技術や、
ナイスなアイデアや、
洗練されたデザイン力を
持ち合わせていません。

なので、

こんなものに、なってしまいました。
A1714.jpg

category: 木のもの木もの集

tb: 0   cm: 2

△top

OHANAスツール Ver.Ⅱ 

 

久々に、ちょっぴり家具っぽいものを作ってみました。
OHANAスツールのリニューアル版です。

A1632.jpg
座板はウォールナット、脚はタモ。
高さ約30センチほどの低めのスツールです。
何かちょっとした中腰作業のときに使えるようにと思って作ったものですが、玄関でのチョイ掛けや、室内で観葉植物の鉢を置く台としても利用できます。
座板はなるべく重厚にしたかったので、ダイニングテーブルの天板などに使われる70mm厚の一枚板の切り落とし部分を使用。
45mm厚までやや薄くし、裏側をま~るく丸く面取りました。

A1633.jpg
そう、先日、鉋で削っていたのは、この座面だったのです。

ひとまず、3脚完成。
夏までにあと5脚作る予定で、ぼちぼちと作業を進めています。

category: 木のもの木もの集

tb: 0   cm: 0

△top

新作コードストッパー 

 

2014年唯一の新作、その完成品です。

A1572.jpg
無垢の木で作ったコードストッパー、つまり、紐止めです。
大きさは、ドングリで例えるなら、クヌギサイズをもうひと回り大きくしたかんじかな。
プラ製と違って、けっこう存在感があります。
紐を通す穴は7mm。
形は、いつもどおり、気がむくまま型。
お気に入りをお探しください。

巾着袋などを手づくりしている方には、ぜひとも使っていただきたい作品です。

A1573.jpg
自宅にあった巾着袋に取り付けてみましたが、応募用写真や展示サンプル用に、手芸の達人に似合う巾着袋を作ってもらおうかと考えています。
その場合は、カラフルな巾着袋よりは、シンプルな単色の巾着袋に付けた方がアクセントになっていいような気がします。
別に、巾着袋にこだわらなくてもいいですよ。
単に袋の口やプレゼントを縛る紐に付けるという使い方も、よろしいかと思います。

A1574.jpg
ところで、木は生きものです。
ピストンがスムースに動かないという現象が起きても、「なんだ、この不良品はっ!」とお怒りになって捨てないでください。
ウレタン樹脂を浸透させて木固め(伸縮防止)を施してはありますが、湿気の多いところに置きっ放しにしておくと、木が膨張してピストンの動きが悪くなる場合があります。
そんなときは、乾燥したところに置いておけば、元どおりスムースに動くようになります。
動きが悪くなったら、乾燥させてダイエットさせてあげてください。

ということで、
苦労はしましたが、らしい作品に、満足、満足。
手芸をされている方とか、珍しいもの好きな方にしか反響がなさそうですが、FACTIOの手づくりコードストッパー、御愛顧のほどよろしくお願いいたします。

category: 木のもの木もの集

tb: 0   cm: 8

△top

木々ホルダー 

 

お弁当のおかずが少ないとおかずスペースがスカスカになってしまいます。
そんなときは、冷凍エダマメでスキマを埋めます。
色もカラフルなので、見栄えよし。

時間の合間に、とくに考えることもなく作った簡単なキーホルダー。
いろいろな木が貼り合わせてあるので、木々ホルダー。

A1571.jpg
クラフト展では、スキマを埋めるエダマメと同じ役割で、展示台に並べるつもりです。

category: 木のもの木もの集

tb: 0   cm: 0

△top

粉すくい完成 

 

先日仕上げていた粉すくいが、乾燥期間を経て、完成に至りました。

A1530.jpg
ほとんどチェリー材で作ったものですが、3つだけ違う材料で作ったものがあります。
わたくしが幼少の頃に流行っていたオリエンタルカレーのCM風に表現すると、こうなります。
『ウォールナットもあるでよ!』

category: 木のもの木もの集

tb: 0   cm: 0

△top

春になったらお花を飾ろう! その② 

 

先日の日曜日、つぎはぎお花挿しの写真を撮りました。

A1448.jpg

つぎはぎお花挿しのチャームポイントは、手づくり感と、見る角度によって形や柄がちがうところ。
なので、お気に入りを探すときには、ぐるぐる回しながら見てください。
そして、飾るときにも、背景に合うように、ぐるぐる回しながら角度を決めてください。

実際、クラフト展では回しながら品定めされる方がほとんどです。
そして、持ち上げて底も見たりします。
すると、何ごともなかったように、ササッと元の位置に戻す方がけっこういらっしゃいます。
その動きの早いこと、早いこと。
底も削ってありますので、『見えないところにも手間をかけているのね』と感心して欲しいところなんですが、感心するどころか、底に貼ってある値札を見て、ビックリしちゃっているようです。

category: 木のもの木もの集

tb: 0   cm: 0

△top

バッグチャーム 

 

今週再び、雪が降るみたいなこと言ってますね。
クラフト作家の方も大雪被害に見舞われているようです。
ある方のブログに、参加したクラフト展の帰り道に高速渋滞に巻き込まれ、5時間で走行距離100メートル、ガム5枚で車中泊と、悲惨な状況が書き込まれていました。

というわけで、雪の降りしきる日は外出を控え、雪がちょっとでも積もると事故回避と称して会社を毎回休むうちの素晴らしい上司のように、仕事はさぼるようにください。
ちなみに、この地方は会社を休まないといけないほど降ってません、というか雨に変わって解けちゃったほどですので、御心配なく。

さて、先日作り変えた、蚊取れん線香バッグチャームです。

A1444.jpg

裏返すと

A1445.jpg

折れないように3枚の薄板を向きを変えて貼り合わせてあるので、裏返すと木色が変わります。
ご存知でした?

ペンダントとしてよりも、バッグチャームの方がお似合いかも。
今年はほとんど木工作業をやっていない中、自宅でできることを少しずつやってます。

category: 木のもの木もの集

tb: 0   cm: 0

△top

春になったらお花を飾ろう! その① 

 

暦上は春になりましたが、外はちょー寒。
雪は降ってないけど、ヒエヒエ。
寒いのはもう十分満喫したんで、早くあったかい本物の春が来て欲しいものです。

あったかい春になったら、お部屋の片隅にお花を一輪飾ってみてはいかがでしょうか。
つぎはぎお花挿し2014年モノも、いいかんじで出来上がってますよ。

A1443.jpg

category: 木のもの木もの集

tb: 0   cm: 0

△top

吊るし壷 

 

創作をしていると、ある日突然、いいアイデアが浮かんだりします。
夜に思いついたアイデアとか、酒を飲みながら思いついたアイデアは、翌朝に思い返すとくだらなかったりしますけど。

木と木の貼り合わせ作業が続いていた夏の日の朝、作業にお出かけしようとしたときに突然思いつきました。

A1388.jpg

「吊るし壷」
例によって、旋盤は使わず、てきとー削り。

たとえば、固定電話の近くにペン立てとしてぶら下げたり、
たとえば、洗面所の近くにメイク道具立てとしてぶら下げたり、
たとえば、キッチンにぶらさげて、バターナイフやヘラを入れたり、
たとえば、玄関にぶらさげて、ドライフラワーを飾ったり。
穴の径に合うガラス容器があれば、一輪挿しなんかにもいけるんですけどね。

置きものじゃなく、ぶらさげモノってとこが、気に入ってます。
「吊るし壷」、よろしくお願いいたしまプリーズ。

category: 木のもの木もの集

tb: 0   cm: 0

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。