FC2ブログ

            factio

キノモノ コモノ タノシク ツクロウ ユカイニ クラソウ

ごてんばアート・クラフトフェア2018 (参) 

 

日曜日は霧雨で始まりました。
でも、その後は降られることもなく、ときどき雲の合間から青空が見えたりして、夕方までなんとかもってくれました。
人出も自分の予想をはるかに上回り、とても賑わっていましたよ。
「クラフト展って、楽しいでしょ~」とお仲間とのお話を耳にしました。
そうです、クラフト展は楽しいのです。
特に、屋外で開催される開放的なクラフト展はね。
人出を見れば、毎年楽しみにされている方々が多いことがよくわかります。
でも、今年10年の節目で終了。
開催ラストと知らない方は、目を丸くして驚いていました。
来る予定はなかったけど、開催ラストと聞いて急遽来た!って方もいらっしゃいました。
せっかく10年継続し、地元に根付いたクラフト展が終わってしまうのは惜しいですね。

富士山もきっと淋しがっているに違いない!
だって、クラフトフェアが終了し、荷物の搬出を始めた頃から雨が降ってきましたからね。
あれは、10年間開催を見守っていた富士やまの涙です。
我慢し切れなくて泣き出したのでしょう。

なーんて。
いや、いや、あれはやっぱり、出展者の中に、よほどの雨男か雨女がいたのは間違いありません。
一番降って欲しくない搬出時間帯に降り始めましたわけですから。
今年3回出展したうち2回雨、んっ? わたくし?

最初で最後の「ごてんばアート・クラフトフェア」
ちょっと疲れた遠出でしたが、2日間を楽しく過ごすことができました。
さあ、次の出展は、ふじのくにアートクラフトフェア。
御殿場と同じ静岡県の富士市に出没します。
今度こそ、富士山が見えますように!

category: クラフト展

tb: 0   cm: 1

△top

ごてんばアート・クラフトフェア2018 (弐) 

 

クラフト展とは関係ありませんが、会場は自衛隊演習地のすぐ近く。
というか、隣は陸上自衛隊駐屯地、向かいは広大な米軍キャンプ地。
このようなところは初めてで、なんだか異国に来たようでした。
朝7時になると、ラッパの音が聞こえ、続いて米国国家が流れます。
そして、その後に君が代。

日中は演習の砲弾なのか空砲なのかわかりませんが、ときどき「ドーン!」「ズドーン!」「ドーン!」
音だけじゃなく、振動もあったりして。
あの音どこまで響き渡るのでしょうか?
ポン菓子の爆発音も怖いけど、コチラもけっこう怖い音です。
そして、ならではのことも初体験。
というのは、出展者の駐車場は陸上自衛隊の敷地内でしたので、車の入退出のときは入口にズラリと立ち並ぶ迷彩服の隊員のチェックを受け、身分証明書を提示し、駐車のためだけに入場許可証をもらうという駐車システムだったからです。
国連活動、災害救援活動をはじめ、クラフト展の開催協力まで、自衛隊の活動範囲は広い!
クラフト展に陸上自衛隊が協力しているのもすごいが、運営スタッフが自衛隊に協力を依頼しに行ったことを思うと、それもすごいぞ!
こんなクラフト展、なかなかないね。

でも今年で開催ラストだそうですから、ざんねーん!

category: クラフト展

tb: 0   cm: 0

△top

ごてんばアート・クラフトフェア2018 (壱) 

 

-- 続きを読む --

category: クラフト展

tb: 0   cm: 0

△top

明日は御殿場 

 

明日から2日間、待ちに待った、ごてんばアートクラフトフェア。
土日両日とも天気を心配する必要もなく、秋空の下、富士山をバッチシ望めそうです。
以前、参加したことがある方は、こんなコメントをしてました。
『売り上げは期待できないけど、それよりも、景観と実行委員の熱意はとても気持ちがいい』と。

会場は、国立中央青少年交流の家。
わたくしの出展場所は、会場入ってすぐの広場。
広場の中のどこかは行ってみないとわかりませんが、陽も当たりそうだし、立地的にはいい場所のような気がします。
日中寒いのは堪えますからね。

荷物の積み込みは早々と終え、前日朝一ですでに準備万端!
いつでも出発できる状態です。
張り切っていますので、どうぞ宜しくおねがいします。

category: クラフト展

tb: 0   cm: 0

△top